学資保険の掛け金について

子供が生まれたらなるべく早めに学資保険に入るほうが良いです。また掛け金はその後の生活に支障がない程度に設定しておく事が大事です。しかし手元に現金があると使いすぎてしまうと心配する場合はある程度の掛け金をしておいた方が降りるときにまとめて降りるので先への投資として考えると金額はある程度あったほうが良いと思います。

 

定期預金と同じように始めたら降りないので確実に貯めたい場合には良い保険です。それから払っている人に何かあってもそのまま満額まで保証されるのが学資保険の良いところです。

 

お金を貯めるのが得意か不得意かで決めるのも良いでしょう。またもとからないものとして引かれて生活しているうちに貯まってたという方が楽であることも確かです。ただし手元にあまり預金がない時に始めるのは本末転倒になってしまいますので、躊躇するのなら最低でも50万か100万貯金は確保しておいた方が良いでしょう。

 

学資保険はお金を増やすというよりも計画的に貯金をしてくれるというシステムだと思って預けるのが考え方としては間違いないでしょう。ただし満期まで払えば返戻率が高くなりますのである程度は得になります。支払い金額で一番多いのは一万円から一万五千円くらいです。

コメントを残す